So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示(産経新聞)

 政府は28日、国と地方の協議機関の法制化に向け、実務検討グループによる検討会を開き、新制度の骨子案を提示した。

 「地方側には首相に相当する存在がない」(逢坂誠二首相補佐官)などとして、議長は官房長官が務め、メンバーから首相を外した。地方側は、首相が議長を務めなければ地方分権改革が後退すると反発した。

 政府は、次回会合で最終案をまとめ、今国会に関連法案を提出する方針だ。

【関連記事】
外国人参政権 97%が「憲法違反」
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? 
民主党揺らぐ選挙戦略 小沢問題の影響じわり
「八ツ場だけ政権公約守るのか」群馬町村会、子ども手当の負担拒否 
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ

<上越新幹線>最大52分の遅れ 長岡−燕三条間で停電(毎日新聞)
普天間現行案、首相に撤回要求へ=「市民の意思伝えたい」−次期名護市長(時事通信)
中国人ビザの年収要件撤廃を=スポーツ観光は強化−観光庁長官(時事通信)
「口が達者」人気者=スナックが接点−上田容疑者(時事通信)
神戸民家火災 猛煙の自宅、父戻る 娘助けようと 母悲鳴「もう無理」(産経新聞)

亀井氏「うるさい」発言で官房長官が陳謝(産経新聞)

 参院予算委員会は28日、亀井静香郵政改革・金融相の発言をめぐって紛糾した。問題となったのは、亀井氏が27日の委員会での答弁中に自民党議員のヤジを「うるさい」と言い返した発言。野党側が亀井氏の謝罪と発言の議事録からの削除を要求していた。

 鳩山由紀夫首相は28日午前に臨時の閣僚懇談会を招集、全閣僚に「不規則発言をしないように」と自制を求めた。予定より1時間遅れで始まった予算委の冒頭に、平野博文官房長官が「閣僚の不穏当な不規則発言に、大変な迷惑をおかけした。以後、十分に注意をする」と陳謝し、議事録からの削除も決まった。

 ところが、亀井氏は陳謝する平野氏の後ろでニヤリと笑ったり、その後の質疑の最中に大あくびをしてみたりと、反省の気持ちがあるのかないのか…。

 その態度にカチンときた自民党の山本一太氏が「亀井大臣、ひとが質問しているときに大きな声が聞こえるようなあくびはしないでいただきたい。これはちゃんと記録に残してください」と強く抗議。ただ、これ以上「あくび」問題は尾を引かずに淡々と質疑は進み、なんとも締まらない補正予算案審議最終日となった。

【関連記事】
亀井氏の「うるさい」発言で臨時閣僚懇 首相が閣僚に注意
亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾 2次補正今夕成立
外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」
亀井氏、夫婦別姓法案に反対を表明
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで

反対派当選「受け止める」=平野官房長官(時事通信)
損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁(産経新聞)
1票の格差 昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)
仲間飛び降り死「ニュース見て怖く」=少年2人出頭、万引き容疑で逮捕−大阪府警(時事通信)
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)

台湾からの鳥肉輸入停止=農水省(時事通信)

 農林水産省は22日、台湾からの鳥肉類の輸入を停止したと発表した。同日、台湾農業委員会から鶏で弱毒性の鳥インフルエンザ(H5N2亜型)が発生したとの報告があったため。
 農水省によると、日本が台湾から輸入している鳥肉類は2008年度で4348トンで、輸入全体の約0.6%にとどまる。カモとアヒルの肉に限ると、台湾からの輸入シェアは約8割を占めるが、冷凍在庫があるほか他国からの代替輸入も可能なため、大きな影響はない見込みという。 

【関連ニュース】
インフル新薬、強毒ウイルスにも効果=タミフル耐性株でも
韓国からの鶏肉輸入を停止=農水省
宮内庁鴨場で鳥インフルの疑い=高病原性の可能性も
〔地球の風景〕鳥インフル対策は砂上の楼閣?

<政府経済見通し>13年連続「名実逆転」閣議決定(毎日新聞)
<お別れの会>大塚雄司さん=2月18日、都内ホテル(毎日新聞)
今夜、2次補正衆院通過=来月の集中審議、党首討論で合意(時事通信)
小沢氏を事情聴取=都内で4時間予定−「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)

小沢氏会見 語気強め裏献金否定(産経新聞)

 任意聴取を終えると、疲れを取るかのように団子を1つほおばった−。23日午後からの聴取を終えた民主党の小沢一郎幹事長。約4時間半にわたる聴取後の記者会見では、ややかすれ気味の声で身の潔白を訴えた。「事実を包み隠さず述べた」「検察は公正な捜査を」。ゼネコンからの裏献金疑惑を突いた質問には語気を強めながら否定し、強気の姿勢を崩さなかった。

                   ◇

 午後2時すぎから、東京都千代田区のホテルニューオータニで行われた事情聴取。時の“最高権力者”に対峙(たいじ)したのは、事件の主任検事だった。「被告発人として聴取します」。検事は冒頭、こう小沢氏に告げて、事件について一つ一つ説明を求めていったという。

 小沢氏が事情聴取を受けている間、別室で待機していた弁護士と秘書らが対応を協議し、当初は聴取後に書面を報道陣に配布する予定だったが、急遽(きゅうきょ)記者会見を行うことを決定した。

 午後6時半ごろ、4時間半にわたった聴取を終えた小沢氏が弁護士が待機する部屋に現れた。いくぶん疲れたのか、まず、ゴマ団子を1つ口にした。

 会見予定時間から15分遅れた午後8時15分。小沢氏が同ホテルの会見場となった「芙蓉の間」に現れると、400人を超える報道陣から一斉にフラッシュがたかれた。

 「よし!」。小沢氏は気合を入れるように声を上げながら席に着き、お手ふきで口をぬぐった。

 「実務的な点については関与したことはない」

 小沢氏は報道陣に配布した書面を読むことなく、自らの言葉で政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を否定、「潔白」を訴えた。

 この後、記者からの質疑応答が始まった。淡々とした口調は変わらなかったが、水谷建設からの裏献金に関する疑惑についての質問が出ると、一気に語気は強くなった。

 「不正なカネは、水谷建設はもちろん、ほかの会社からも一切受け取っていない」。「担当の秘書たちも不正なカネは受け取っていないと(聴取で)申し上げた」。こうまくし立てると、気持ちを落ち着かせるように水を飲んだ。

 土地代金の原資について当初、「金融機関からの融資で購入した」と説明しながら、融資前に代金を支払っていたことが発覚し「個人資金」と訂正した“ウソ”を指摘されると、表情をくもらせ「説明を変えたつもりはない」と苦しい弁明。

 一方、聴取の際に黙秘権を告げられたことも明らかにした上で、「黙秘権は一切行使しておりません」と捜査に協力したことをアピールした。さらに「検察は準司法的な立場も有しているので、公平、公正な捜査をしていただきたい」と特捜部に注文を付けた。

 報道陣が殺到した会見場には警護の警察官らも配置され、ものものしい雰囲気だった。

 同席した弁護士が20分余りで会見を打ち切ると、小沢氏は「ありがとうございました」とあいさつし、足早に会見場を後にした。ホテルを出ると、すぐに自宅には戻らず行きつけの居酒屋に立ち寄った。

【関連記事】
小沢氏聴取 疑惑の核心、不自然な説明
「最終戦争」国民の軍配は
小沢氏聴取 民主、強気と不安 大混乱も
小沢氏聴取 首相の“連帯責任論”に閣僚からも危機感
小沢氏聴取巡る攻防 多忙なのに一転、聴取日指定

立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
春、駆け足で 国公立大、2次試験の願書受け付け開始(河北新報)
<小沢幹事長>「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
小沢氏を事情聴取=都内で4時間予定−「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)

子ども手当、養護施設入所者にも支給(読売新聞)

 厚生労働省は22日、今年6月から支給する子ども手当について、父母らがいなくて児童養護施設などに入所している子どもたちにも支給することを明らかにした。

 現行の児童手当では施設の子どもたちは対象になっていないが、「社会全体で子どもの育成を応援する」という新制度の趣旨を踏まえ判断した。

 記者会見した山井和則厚労政務官は「子ども手当相当のお金(月1万3000円)が支給されるように考えている」と語った。対象者は全国に約5000人おり、約6億5000万円の財源が必要となる見込みだ。

 厚労省は22日の政策会議で民主党議員らに通常国会に提出する子ども手当法案の要綱を説明した。鳩山首相が所得制限の代わりに創設する方針を示していた寄付制度については、寄付の希望者が事前に市町村に対して申請する仕組みを設けた。寄付を受けた市町村が、子どもの育成事業にしか使えないようにも規定した。

遣唐使船を再現、上海万博に向け5月出港へ(読売新聞)
東京・新橋で火事 15棟延焼中(産経新聞)
<原発建設>反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部(毎日新聞)
首相「検察へ圧力ない」 陸山会事件発言で釈明 参院代表質問(産経新聞)
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査(時事通信)

波にさらわれ釣り人2人死傷=千葉(時事通信)

 18日午後3時35分ごろ、千葉県いすみ市岩船地の真間岬で、釣りをしていた大工磯野謙二さん(59)=同県勝浦市興津=ら男性2人が高波にさらわれ流された。県警いすみ署などが捜索したところ、約1時間後に磯野さんが現場近くの海面に浮かんでいるのを発見、救助したが死亡が確認された。もう1人の男性は漁船に救助され軽傷だった。
 同署によると、磯野さんらを含め5人が現場付近で釣りをしており、事故を目撃したほかの釣り人が「2人が流された」と110番した。
 銚子地方気象台によると、当時の波の高さは2メートル程度とみられ、注意報や警報は出ていなかった。 

【関連ニュース】
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
点検窓外れ浸水、通報4時間後=新潟沖の遊漁船沈没
機体不具合の可能性低い=長崎ヘリ不時着事故で海幕長
不明自衛官、遺体で発見=転覆ボート下海底で
海底から機体引き揚げ=ヘリ不時着、原因解明へ

<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
「荻野さんを刺した」 竪山容疑者の供述通り凶器も見つかる(産経新聞)
<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
小沢氏は国民に説明を=社・国(時事通信)

<窃盗>給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店(毎日新聞)

 16日午前8時ごろ、名古屋市中区錦3の飲食店「アジアンガーデン」の従業員から「現金約900万円がなくなった」と110番があった。

 愛知県警中署によると、現金は従業員33人分の給与で封筒に小分けし、紙袋に入れてあった。同店は午後8時から午前3時の営業で、マネジャーの鎌田敏和さん(32)が15日午後7時半ごろに入り口近くのカウンターに置き、16日午前0時ごろ、女性従業員らに渡そうとしたところ、なくなっていた。同署は窃盗容疑で調べている。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
指定ごみ袋:転売目的で盗む 町職員逮捕 奈良・田原本町
銀座貴金属店窃盗:警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ
窃盗容疑:カップめん盗み「捕まえて」 奈良
ドラム缶遺体:窃盗容疑の42歳 遺棄認める 大阪・阪南
窃盗容疑:優勝馬の勝負服盗む 名古屋の男逮捕 滋賀県警

日航に再建役員派遣=「委員会会社」に−新体制へ最終調整・機構(時事通信)
小沢氏聴取、今週末か 妻にも打診(産経新聞)
河村前官房長官への告発状を提出 東京地検に 大阪の弁護士 機密費引き出し(産経新聞)
<敬老乗車証>仙台市、見直しへ 「団塊の世代」の交付を見込み(毎日新聞)
<土地購入事件>「5000万円提供指示」と水谷元幹部供述(毎日新聞)

説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)

 19日午後3時5分頃、静岡県西伊豆町安良里の黄金崎公園展望台近くで、海に面した斜面の手すりの外側に男性がしゃがみ込んでいるのを観光客が見つけた。

 通報で駆けつけた松崎署員や町役場職員らに対し、男性は「がんの痛みが続いて耐えられない。死にたい」などと自殺をほのめかしたため、同署員ら約30人がかりで説得。

 「生きていればいいことがある」などと言葉をかけ続けたが、男性は午後8時10分頃、「ごめんなさい」と言い残して約30メートル下のがけ下に身を投げた。漁船が出て、約1時間半後に岩場で倒れていた男性を収容したが、全身を強く打ってすでに死亡していた。

 男性は60〜70歳くらいで、身長約1メートル70。中肉で、黒色のナップサックを持っていた。同署で身元を調べている。

腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)
将棋 王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
湯かけ祭り 八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)
直木賞 佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど(医療介護CBニュース)

橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事は20日、ベトナム、シンガポール出張のため、関西空港から出国した。

 知事の両国訪問は初めてで、26日まで、在阪企業の技術力などをPRするセミナーに出席したり、リゾート施設を視察したりする。

 橋下知事は関西空港で報道陣に、「アジアでの競争に打ち勝とうとする両国の必死さを肌で感じてきたい」と語った。

王将戦七番勝負、第1局は久保が勝つ(産経新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り−日航更生法申請(時事通信)
保育施設の元園長ら書類送検=うつぶせに寝かせ乳児死亡−山形県警(時事通信)
遺体を発見=行方不明の元社長か−栃木の廃校跡井戸で・鹿児島県警など(時事通信)
石川議員「親分の言うことは絶対」(読売新聞)

<大寒>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)

 暦の上で最も寒い時期とされる大寒の20日、九州・山口は暖かい朝を迎えた。福岡管区気象台によると、福岡市は午前7時に12.2度を観測し、最高気温は平年より9.5度高い4月中旬並みの19度になる見込み。福岡県太宰府市の太宰府天満宮ではご神木の飛梅がほころび始めた。

 飛梅は本殿に向かって右側に植えられ、この日は白い花2輪を咲かせているのが確認された。境内には200種6000本の梅があり、見ごろは2月中旬ごろという。

 福岡管区気象台によると、暖かさは日本海の低気圧に南側から暖かい空気が入ったため。20日夜は天気が崩れ、その後は寒気が戻るという。【扇沢秀明】

【関連ニュース】
植物ウイルス:梅1500本伐採も 東京・青梅の名所
プラム・ポックス・ウイルス:東京・青梅の観光名所、梅1500本伐採も
ロウバイ:習志野・梅林園で開花 /千葉
早咲き梅:川口で開花 /埼玉
白梅:白いかれんな花咲かせる 本部町

武器輸出三原則、見直しを=北沢防衛相(時事通信)
大鏡餅競争 徳島の男性が初優勝 兵庫・南あわじ市(産経新聞)
くまキャラ 心に癒やし グッズ売り上げ好調…寂しい世相反映?(産経新聞)
ゾルゲ事件 宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に(毎日新聞)
<雑記帳>「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。